ImageBoard

 「ふふふ……っ…くっ…あーっはっっははははっ! クククッ、あー可笑しいっ、うふふふふっ! ねえアナタ。指輪だかなんだか知らないけど、あたしの恋路を邪魔するつもりなら……、殺すわよ?」

フレア 「理解不能。一般生徒にフレアは殺害不可能」

 「二度は言わないわ。消え失せなさい、いま、すぐに」

フレア 「その要求には従えない」

 「そう、残念ね……。ま、トラブルなしで切り抜けられるとは思ってなかったけど。なんと言ってもここは“三神”の一角・天聖院家のお膝元だもの。でも、いきなり出張公演を開くことになるとはね。ふふふ……。」

 「さあ、おいでなさい、あたしの可愛い殺人人形。愛しき人を護るため、我らに仇なす愚者を切り刻むのよ。死のワルツでも踊るといいわ……。いけっ! “断罪”っ!」

フレア 「ッ! 戦闘人形? 緊急回避……」