ImageBoard

 「ククッ……。人形が無くなれば人形遣いはただの人ってわけ? その安易な思い込みは、身を滅ぼすわよ?」

早苗 「なに…っ! ……これは……、斬妖線か!?」

 「さあ、既にここはあたしの結界内! なますのように切り刻んであげるわっ!」

早苗 「くっ! 近づきすぎたか! 間合いを…!」

 (…よしっ、退いてくれた……! 再接続……!)

 「さて、貴女の力はだいたいわかったわ。もうあたしは油断しない。貴女はあたしを倒せるかもしれない、最後のチャンスを失ったのよ?」

早苗 「……まだわからんさ」

 「あははは! これを見ても同じ事が言えるかしら! さあさあご覧くださいな! ドールマスターがお贈りするとびっきりの演目……、お代は貴女の命で払ってちょうだいっ!」