Special

キャストコメント
朝倉 奏役 伊瀬 茉莉也さんキャストコメント
――収録を終えられての感想をお願いいたします。
前回も激しいバトルをしておりましたが、今回も激しすぎる……狂気に満ちた奏が見られます(笑)
ここまで感情を全てぶつけられるキャラクターもなかなかいないので、奏を演じるのは本当に楽しいです。
――演じられたヒロインについての印象をお願いいたします。
相変わらずの狂気っぷりに私も役者魂が燃えました。
あどけない少女の顔の裏にある死神のような負の感情。
奏とともに戦った後は、私もパワーを全て出し尽くすので、真っ白な人形のようになります(笑)
――演じる上で、気をつけた点などはありますか?
vol.1の収録から随分経ってはいるんですが、奏のキャラクターはインパクトが強烈だったのでしっかり覚えていました。
前回よりレベルアップした奏をお見せできるように狂気に満ちたバトルシーンは気合入れました。
――印象に残ったセリフやシーンについてお聞かせください。
フェリシアと戦っているとき、全ての人形を砕かれ、もう戦う力が残ってない奏が
「愛する人を護るためなら、あたしは、なんだってする……!!」
と、立ち上がるシーン。
暗殺者の時にはきっと無かった感情が、奏の中に芽生えてて、目頭がジワッ……としました。
――ファンの皆様にメッセージをお願いいたします。
『らぶバト!』がvol.2と続き、これも皆様の応援のおかげだなと感じています。ありがとうございます!!
vol.2では新たなキャラクターも登場しますし、益々、にぎやかになっております。
是非、乙女たちの本気(マジ)の戦い、お楽しみ下さい!!
キャストコメントへ戻る